スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週末11/9 関西学院大学雇止め解雇事件報告会

関学事件報告会表C

 今週末11月9日、いよいよ、近づいてきました「関学事件報告会」。
改めて、情報をまとめて告知します。


★11/9 関西学院大学障害学生支援コーディネーター雇止め解雇事件報告会★ 

 障害のある学生の就学支援事業のコーディネーターとして、関西学院大学(兵庫県・西宮市)で働いていた私は、2010年3月、上限4年の有期雇用を理由に雇止め解雇になりました。関学教職員組合が、非正規職員の加入を認めなかったため、2009年2月、大阪教育合同労働組合に加入し、解雇撤回・継続雇用を求めて闘ってきました。解雇後、舞台は労働委員会に移ったものの、府労委・中労委ともに「全面棄却」の命令書を交付しました。
 周囲から「勝てるわけがない」「自己責任だ」という言葉を浴びながらも、闘うことを選んだ大椿さんと、彼女を支え共に闘いつづけた大阪教育合同労働組合が、関学事件の全貌と、教育現場で拡大する有期雇用問題について語ります。正規と非正規が、どうやったら分断の構造から決別し、手をつなげるのか。共にたたかう道を探るための報告会です。


★日時:2013年11月9日(土) 13時開場  13時半〜16時半

★場所:山西福祉記念会館 http://www.yamanishi-fk.jp/access/index.html 

★資料代:500円

★特別講演/ 「非正規職員1000人無期雇用は、どうやって実現できたのか!?」
スペシャルゲスト/徳島大学教職員労働組合 山口裕之書記長


【タイムスケジュール】
13:00 開場
13:30 開会 
    関学事件の概要と「改正」労働契約法について
    山下恒生さん(大阪教育合同労働組合執行委員 大阪全労協議長)
14:05 トークセッション「女にとって働くこと、たたかうこと」 
    栗田隆子さん(働く女性の全国センター副代表・ライター)
    大椿裕子さん(関学事件被解雇者)
15:00 特別講演/非正規職員1000人無期雇用は、どうやって実現できたのか!? 
    徳島大学教職員労働組合 山口裕之書記長
16:00 リレートーク
16:10 閉会のあいさつ
16:30 終了

 今回、特別講演として、徳島大学教職員労働組合の山口裕之書記長をお招きしています。徳島大学は今年4月1日から、非常勤職員1000人の無期雇用を実現しました。(詳細はコチラの記事から)

 2013年4月1日施行の「改正」労働契約法対策として、阪大や早稲田が、非常勤講師の上限5年を打ち出してきたのと同様に、徳島大学も非常勤職員、非常勤講師の上限5年で雇止めという方針を組合に通告してきました。2012年2月、徳島大学教職員労働組合は、「雇止めの問題は非正規職員だけの問題ではなく、正規職員も含む職場全体の問題である」との考えにもとづき、正規・非正規ともにアンケート調査を実施。非正規職員だけでなく、正規職員の間でも「雇止めは不合理」とも声が79%を占めました。この結果を受け、交渉に臨み、2013年1月末、大学側は前述の通告を撤回し、組合の主張通り、雇用期限の撤廃を認めるに至りました。
 ぜひとも、労働組合の方々、大学関係者、非正規労働者、そして全ての方々に、山口書記長のお話を聞いていただきたいと思います。ぜひお越し下さい。

【お知らせ】
★パソコンテイクによる情報保障も行います。
★小さなお子さんとともに参加される方々のために、会場後方入り口付近に、子どもスペースを準備しています。
★Tシャツ、缶バッジ販売します。
「労働組合がなければ、私たちの権利もない」「敬遠されがちな労働運動を身近なものに」そんな思いから、友人たちと始めた小さなプロジェクト。当日ロビーにて、オリジナルTシャツ、缶バッジなどを販売します。お楽しみに。

主催:大阪教育合同労働組合 
連絡先:大阪教育合同労働組合
tel / 06 4793 0633   mail / info@ewaosaka.org

【拡散歓迎】11/9 『関西学院大学障害学生支援コーディネーター雇止め解雇事件 報告会』開催

関学事件報告会表C

 いよいよ、関西学院大学障害学生支援コーディネーター雇止め解雇事件 報告会』を開催します。

 関学事件の被解雇者である大椿裕子さんは、2010年3月末、有期雇用を理由に関西学院大学を雇止め解雇になり、約4年間に渡り、自分の争議を通して、有期雇用の問題点を訴え続けてきました。今回は、その総括とも言える報告会です。心を込めて、本気で闘ってきた大椿さんの思いを、ぜひ聞きに来て下さい!ました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【関西学院大学大学 障害学生支援コーディーネーター雇止め解雇事件 報告会】

★日時:2013年11月9日(土) 13時開場  13時半〜16時半

★場所:山西福祉記念会館 ホール (大阪府大阪市北区神山町11-12)
  最寄り駅:阪急梅田から10分 阪神梅田・JR大阪から15分
  地下鉄堺筋線「扇町駅」・谷町線「中崎町駅」から 徒歩5分

★資料代:500円

★特別講演/ 「非正規職員1000人無期雇用は、どうやって実現できたのか!?」
スペシャルゲスト/徳島大学教職員労働組合 山口裕之書記長

★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 
 障害のある学生の就学支援事業のコーディネーターとして、関西学院大学(兵庫県・西宮市)で働いていた大椿裕子さんは、2010年3月、上限4年の有期雇用を理由に雇止め解雇になりました。関学教職員組合が、非正規職員の加入を認めなかったため、2009年2月、大阪教育合同労働組合に加入し、解雇撤回・継続雇用を求めて闘ってきました。解雇後、舞台は労働委員会に移ったものの、府労委・中労委ともに「全面棄却」の命令書を交付しました。

 周囲から「勝てるわけがない」「自己責任だ」という言葉を浴びながらも、闘うことを選んだ大椿さんと、彼女を支え共に闘いつづけた大阪教育合同労働組合が、関学事件の全貌と、教育現場で拡大する有期雇用問題について語ります。

 スペシャルゲストとして、徳島大学教職員労働組合の山口裕之書記長に、2013年4月「改正」労働契約法施行を前に、非正規職員1000人の無期雇用を勝ち取った運動の経緯をお話しいただき、今後の労働運動の可能性を探ります。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

13:00 開場

13:30 開会
    関学事件の概要と「改正」労働契約法について
    山下恒生さん(大阪教育合同労働組合執行委員 大阪全労協議長)

14:15 トークセッション「女にとって働くこと、たたかうこと」
   大椿裕子さん(関学事件被解雇者 大阪教育合同労働組合副執行委員長)
   栗田隆子さん(働く女性の全国センター副代表 ライター)

15:10 特別講演/非正規職員1000人無期雇用は、どうやって実現できたのか!?
    徳島大学教職員労働組合 山口裕之書記長

16:30 終了

★★★★★★★★★★★★★★★★★★
No Labor Union No Rights Project
「労働組合がなければ、私たちの権利もない」「敬遠されがちな労働運動を身近なものに」そんな思いから、友人たちと始めた小さなプロジェクト。当日ロビーにて、オリジナルTシャツ、缶バッジなどを販売します。お楽しみに。

主催:大阪教育合同労働組合 
連絡先:大阪教育合同労働組合 http://www.ewaosaka.org/jp/
tel / 06 4793 0633   mail / info@ewaosaka.org

【お知らせ・拡散歓迎!】10月14日9条ワカモノ★会議@大阪市中央体育館

9条ワカモノ表

 9条世界会議 関西2013では、 『9条ワカモノ☆会議~楽しくマジメに考える、それぞれにとっての平和と憲法~』も開催されます。若者が作る、若者のための場。大学生達が中心になって企画しました。ゲストもスゴイ!ぜひ、お越し下さい!


『9条ワカモノ☆会議
~楽しくマジメに考える、それぞれにとっての平和と憲法~』

9条世界会議若者企画第一部

 平和なことが一番だけど、軍隊でなければ平和は守れない。
そういった若者からよく聞かれる声に対し、
私たちどうやって非暴力・非武装の価値を伝えることができるか。
学費・奨学金・就活・ブラックバイト・イキヅラサ・・・。
目先の課題は山積みだけれど、そうした生活から始まるしんどさと平和との関係は??
社会問題はすぐ近くにある。
憲法と生活は無関係ではない。
私たちが同世代へ、更には次世代にへ平和を伝える為、
一緒に楽しくマジメに学び、できることを考えましょう。




日時:10月14日(月・祝) 開場9:30~ 開演10:00~12:00

場所:大阪市中央体育館 http://www.9jou-kansai.com/access-traffic.html

参加費:一般 1000円  大学・専門学生 500円  高校生以下 無料

企画:若者が考える9条と平和~インタビュー上映会~
   「9条とワカモノ」トークセッション

ゲスト:高遠菜穂子さん
    1970年北海道千歳市生まれ。イラク支援ボランティア。
    2003年よりイラク支援を行い、ファルージャ再建プロジェクトに取り組む。
    著書に『戦争と平和~それでもイラク人を嫌いになれない』(講談社)
    『愛してるってどういうの?』(文芸社)がある。

    ジョウンさん
    平和博物館&戦争のない世界活動家。
    戦争と暴力を防ぐために誰かが銃を降ろさなければならないと考え、
    良心的兵役拒否を選んだ。
    1年6ヶ月の実刑を受け、ソウル拘置所で収監生活を過ごし、2011年11月に出所。
    出所後は、市民団体「平和博物館」と「戦争のない世界」で平和活動を継続している。

    塚田薫さん
    1989年 愛知県出身。
    全日制高校を中退後、名古屋市立中央高等学校夜間定時制過程を卒業。
    愛知大学法学部に在籍中。
    2013年、ネットへの投稿を基に、
    『日本国憲法を口語訳にしてみたら』(幻冬舎)を刊行。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

第2部 9条世界会議メインプログラム内 

日時:10月14日(月・祝)14:00~14:50
場所:大阪市中央体育館 メインアリーナ
企画:●East Japan RE:Project ダンスパフォーマンス
   ●ショートスピーチリレー10連発
    「9条がないと困るコト」~僕・わたしの立場から~
   ●「発信するよ!次世代へのピースメッセージ」
    脱原発を積極的に発信し続ける高校生・藤波心さんによるスピーチ
   ●みんなで歌おう!踊ろう!全員onステージ!

主催:9条世界会議in関西 若者企画実行委員会

【お知らせ・拡散大歓迎!】10月13日 9条国際会議@関大

kokusai-midashi01.png

 9条世界会議 関西2013が開催される前日の10月13日(日)、関西大学にて、「9条国際会議」も開催されます。海外ゲストも盛りだくさん!ぜひ、こちらにもご参加下さい!

 憲法9条を変えて日本が海外で戦争できる国になることは、東アジアの平和と安全に不安をよびおこします。「紛争は武力ではなく話し合いで解決しよう」という平和条項を持つ憲法は、世界の国々で増えています。その先頭を走っているのが「日本国憲法9条」です。1999年のハーグ平和市民会議や2006年のバンクーバー世界平和会議でも、9条は高く評価されています。「9条世界会議・関西2013」の前日に開催される「国際会議」で、平和を求める世界の人たちと、9条のもつ意義を確認しましょう。

★日時 2013年10月13日(日)10:00~16:30

★場所 関西大学千里山キャンパス第1学舎

★参加協力費 1,000円(学生無料)

★全体会・分科会の ゲスト&パネラー
全体会 10:00~12:30(定員800人)
《全体会》
・憲法9条をめぐる情勢と課題
 ◆高作 正博さん
・海外ゲスト
 ◆ジーン・マイラーさん
 ◆メアリ・アンライトさん
 ◆君島 東彦さん
 ◆クリスチアン・ギジョルメさん
 ◆イ・キョンジュさん


★分科会  13:30~17:00
《第1分科会》 「戦争のない世界へ」
・コーディネーター
 ◆川崎 哲さん(ピースボート)
・海外パネラー
 ◆ベルハッセン・エヌーリさん(チュニジア 弁護士)
 ◆ロベルト・サモラさん(コスタリカ 弁護士)
 ◆デヴィド・ロスハウザーさん(アメリカ 映画監督)
 ◆メアリ・アンライトさん(アメリカ 元陸軍大佐)
 ◆ジーン・マイラーさん(アメリカ 国際民主法律家協会会長)
 ◆ローラン・ヴェイユさん(フランス 弁護士)
・国内パネラー
 ◆ロニー・アレキサンダーさん(神戸大学教授)
 ◆高遠 菜穂子さん(イラク支援ボランティア)



《第2分科会》 「アジアの中の9条」
・コーディネーター
 ◆君島 東彦さん(立命館大学教授)
・海外パネラー
 ◆乗松 聡子さん(カナダ ピースフィロソフィセンター代表)
 ◆韓国、フィリピン、台湾、インドネシアからのゲスト
・国内パネラー
 ◆伍躍さん(中国 大阪経済法科大学)


《第3分科会》 「平和への権利」
・コーディネーター
 ◆笹本 潤さん(弁護士)
・海外パネラー
 ◆クリスチアン・ギジョルメさん(コスタリカ コスタリカ政府外交官・大使)
 ◆ダビデ・プヤナさん(スペイン 弁護士)
 ◆ミコル・サビアさん(イタリア 弁護士)
 ◆イ・キョンジュさん(韓国 仁荷大学)
・国内パネラー
 ◆伊藤 真さん(伊藤塾塾長)
 ◆飯島 滋明さん(名古屋学院大学准教授)

詳細はコチラのHPから

【お知らせ・拡散大歓迎!】10月14日 9条世界会議・関西2013 大阪で開催されます!

9jo-sekai-1.jpg

 大阪全労協青年部の仲間も参加する、「9条世界会議・関西2013」のご案内です。

9条世界会議・関西2013

「紛争は武力ではなく話し合いで解決しよう」という平和条項をもつ憲法は、世界の国々で増えてきています。そのなかでも、先頭を走っているのが日本国憲法9条」です。
世界中の平和を求める人たちとともに、9条のもつ意義を確認しましょう。そしてみんなで「9条を変えるな!」「9条を世界の平和のために生かそう!」とアピールしましょう。


開催日時:2013年10月14日(月・祝)

午前の部(10:00~12:00)
①「HIBAKUSHA」(被爆者として生きる)上映。監督のディビド・ロスハウザーさんのお話
②海外ゲストと、東アジアの中の憲法9条を語り合おう
③ユース企画- ★9条ワカモノ★
・「わたしの立場から考える9条」
・ゲストスピーカーによるトークセッションとフロアとの交流
 詳細は「9条世界会議・関西2013」(10月13日 大阪市中央体育館)ページで


午後の部(13:00~16:30)
メイン・フロアー  ・海外・国内ゲストのスピーチ
・若者アピール(大阪全労協青年部の仲間もココに参加予定)
・世界をつなぐ大合唱
・ビデオレター(UAさん、オリバー・ストーン監督など予定)
・音楽・ダンス・エイサー

メインステージと並行して子どもプログラム  
・第一部~世界中にともだちをつくろう~
・第二部~やってみよう・つくってみよう~

チケット代 
一般/1,000円  大学・専門学校生/500円  高校生以下/無料

共同代表
池田香代子さん(翻訳家)、木戸衛一さん(大阪大学大学院公共政策研究科)、新倉修さん(青山学院大学教授)、松浦悟郎さん(カトリック司教)、吉岡達也さん(ピースポート代表)


詳細はコチラのHPから
プロフィール

ozspring

Author:ozspring
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。