スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/17 「大飯原発再稼働反対!」福井県庁前に集まろう!

 6月8日(金)、野田首相による大飯原発再稼働宣言。

「福島を襲ったような地震・津波が起こっても、
事故を防止できる対策と体制は整っています。
これまでに得られた知見を最大限に生かし、
もし万が一すべての電源が失われるような事態においても、
炉心損傷に至らないことが確認をされています」


福島第一原発の事故が今だ収束せず、放射能をまき散らし続けているというのに、「事故を防止できる対策と体制は整っています」などと、誰にでもわかるようなウソを、なぜ堂々と語ることができるのでしょうか。

「これまで1年以上の時間をかけ、
IAEAや原子力安全委員会を含め、
専門家による40回以上にわたる公開の議論を通じて得られた知見を
慎重には慎重を重ねて積み上げ、安全性を確認した結果であります」

どこが安全なのですか?
福島第一原発事故が収束していない中で、なぜ、安全が確認できたのでしょう。
そもそも事故を起こせば誰にも止められないことが、今回の事故でわかったはずです。
あれだけの事故を起こして、それでもなお「原発は安全です」と言うのですか?

「国民生活を守ることの第2の意味、
それは計画停電や電力料金の大幅な高騰といった日常生活への悪影響を
できるだけ避けるということであります。
豊かで人間らしい暮らしを送るために、
安価で安定した電気の存在は欠かせません」

電気はあるけれど、一度事故を起こせば取り返しの付かない危険な原発に依存して生きていくことが、本当に豊かで人間らしい暮らしと言えるのでしょうか?命の危険を感じながら生きること、それが人間らしく暮らしでしょうか?

「夏場の短期的な電力需給の問題だけではありません。
化石燃料への依存を増やして、電力価格が高騰すれば、
ぎりぎりの経営を行っている小売店や中小企業、
そして、家庭にも影響が及びます。空洞化を加速して雇用の場が失われてしまいます。
そのため、夏場限定の再稼働では、国民の生活は守れません」

これは完全な「原発再稼働宣言」です。橋下市長が言うように夏場の限定稼働(そもそも、そんなことが簡単に出来るわけありません!)などする気はありません。このまま動かし続けるのです。この夏、原発なしで乗り越えられたなら、原発の必要性は失われます。そうさせないために、再稼働を焦っているのです。


 野田首相の再稼働宣言を各国の言葉に翻訳し、世界中に配信して、
この愚かな行為を、世界中の人達に知らせたい、そんな気持ちです。

 しかし、このまま再稼働宣言を受け入れるわけにはいきません。
6月17日、福井県庁前で、大飯原発再稼働に反対する大きな集会が開催されます。
各地でバスが用意され、全国から人々が集まります。
私たち、大阪全労協青年部も参加します。

 あきらめず、反対の声を上げ続けましょう。
6月17日は、福井県庁前で会いましょう!


大飯原発再稼働反対!
福井現地全国決起集会

日時:6月17日(日)12時~ 集会・デモあり
集合場所:福井県庁前

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ozspring

Author:ozspring
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。