スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【お知らせ】12/4第8回レイバーフェスタ2011 OSAKA

labourfesta2011osaka1.jpg

 今年で8回目を迎えるレイバーフェスタOSAKAが、12月4日(日)に開催されます!

【レイバーフェスタって何?】
 「労働」や「労働運動」あるいは「生活」を、映像やパフォーマンスを通して見つめ直すイベント。アメリカ西海岸ではじまり、韓国や南米などにも広がり、大阪では2004年からスタートした。失業やリストラが蔓延し、労働組合もあるような・ないような日本社会。いま、私たちがいかに生き、どう暮らしや権利を守っていけばいいのか、映像を通して一緒に考えてみませんか。

☆日時:2011年12月4日(日)11:00開場 11:30開演

☆場所:クレオ大阪中央セミナーホール(地下鉄谷町線「四天王寺夕陽ヶ丘」駅1・2番出口から北東へ100m

☆参加費:当日 1200円  前売 1000円  学生・失業者・障がい者 1000円

☆主催:レイバーフェスタ大阪実行委員会  ブログはコチラ

☆お問い合わせ:〒532-0011大阪市淀川区西中島4-7-2チサンマンション新大阪707 ビデオ工房AKAME気付
           TEL&FAX:06-4805-0234
           メール:ffffesta@yahoo.co.jp

☆プログラム

11:30 『子どもたちを守れ』~福島の闘い~(湯本雅典制作/2011年/37分)
 福島第一原発事故の水素爆発は、放射性物質を大気中に拡散させ、福島県内外に飛散させた。子どもたちは外で遊びことも、土に触れることも、衣服さえも制限され、親子とも不安と混乱の日々を過ごしている。国や県はそれを放置し、学校、保育園等の放射線値測定を怠った。その危機を察知した、親たち、教師たちは『子ども達を放射能から守ろうと!』と立ち上がった。

湯本雅典
1954年生まれ、これまでは教育問題や平和問題などをテーマに映像作品を手がけてきた。

12:30 公募3分間ビデオⅠ(大阪作品)
 レイバーフェスタが切り開いた新しい映像表現ともいうべき、一般公募による自主制作3分ビデオ。働く人たちのの姿や声、問題提起を3分の映像にまとめた、様々な映像が上映されます。
※大阪全労協青年部のメンバーが制作した3分ビデオも上映されます。

13:00 『コカコーラ・ケース~多国籍企業の犯罪~』(カナダ/2009年/86分)
 南米のコロンビアでは、21世紀になってからも労働運動のリーダーが500人近くも殺害されている。名だたる清涼飲料水メーカーのコカコーラ工場も、その例外ではなかった。犯罪行為も辞さずに組合つぶしに奔走し、果てには労働幹部の殺人行為まで引き起こす。だが、心ある弁護士がその犯罪を追求し、また過酷な人権弾圧に抗する国際的な労働者、市民の感動的な連帯も広がっていく。

14:40 アウン・ティン・トンさんの報告と参考映像上映
特別ゲスト:アウン・ティン・トン(Aung Tin Htun)さん/移住民放送MWTV(Migrant World Televusion)代表
 労働研修生でビルマから韓国に来た。外国人労働者に対する不平等な社会で苦労している仲間と共にMWTVで活動し、2011年3月、7年間かかって難民認定を獲得。

 MWTVとは
 昨年までは、「移住労働者放送局」として活動してきたが、国際結婚で来た人たちも増加し、「労働者」だけではなく韓国社会で生き抜くための活動の場でありたいと今年度から「移住民放送」とした。インターネットを通じて8言語(英語、ロシア、ビルマ、バングラデシュ、ネパール、インドネシア、フィリピン)で放送。韓国社会を理解する手助けをし、様々な問題を抱えて暮らす移住民たちの活動の場を目指す。年に1回「移住民映画祭」を開催。今年9月で6回目。

15:30 YANEURA音楽工房LIVE
 20年ぶりに楽器を取り出したことをきっかけに弾き語りを始め、ブルー・グラス・ミュージックを基本に様々なジャンルを演奏する。社会問題にも強い関心をもっているミュージシャンでもある。

15:50 公募3分間ビデオⅡ(東京作品)

 是非、お越しください!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ozspring

Author:ozspring
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。