スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/24 「君が代」強制大阪府条例はいらん!全国集会 760名が参加!

 9月24日、大阪府大東市・サーティホールにて、『日の丸・君が代』強制反対ホットライン大阪を中心とした実行委員会の主催で、「君が代」強制大阪府条例はいらん!全国集会が開催されました。約760人が参加しました。
 
 集会では、高橋哲哉さん(東京大学教授)による「『日の丸・君が代』強制条例と『教育基本条例』の思想」と題した講演、野田正彰さん(関西学院大学教授)による「『ハシズム(橋下)』を批判する」と題した講演が行われました。また、『日の丸・君が代』の強制に関して全国で頑張っている方々からの報告、そして、保護者、大学生、現役の教員から、今回の「教育基本条例案」に対する率直な思いが力強く語られました。

 この集会について、読売、朝日、毎日が翌日の紙面に掲載しました。その内容を下記に掲載します。

【「教育」条例案に反対 市民団体が全国集会】 
 教育基本条例案について講演する高橋教授(大東市で)  橋下知事が率いる地域政党・大阪維新の会が開会中の府議会に提案する教育基本条例案を巡り、府内の教員や弁護士らでつくる市民団体「『日の丸・君が代』強制反対ホットライン大阪」(代表=黒田伊彦・元大阪樟蔭女子大講師)は24日、条例案に反対する全国集会を大東市立総合文化センターで開いた。

 全国の教員や保護者ら約760人が参加。講演した高橋哲哉・東京大教授(哲学)は、教育への政治関与を強める同条例案について、「学校現場を政治が支配しようとしており、教育破壊の極み。断じて許してはならない」と批判し、最後に参加者全員で条例の廃案を求める決議文を採択した。

(2011年9月25日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110925-OYT8T00080.htm



【府教育基本条例案の廃案求め、760人参加】 
 学校行事での君が代斉唱時に、教職員に起立を義務づける府の「君が代条例」の撤廃と、開会中の府議会で議論される「教育基本条例」「職員基本条例」案の廃案を求める全国集会が24日、大東市の市立総合文化センターであった=写真。教員、保護者ら760人が参加した。


 君が代強制について積極的に発言してきた東京大学の高橋哲哉教授(哲学)は、「教育基本条例の内実は『教育破壊条例』だ。教育に対する政治の不当支配の禁止が取り払われ、知事が教育現場を支配できるようになる」と問題提起した。


 条例案は、保護者や地域住民にも学校への貢献を求め、社会通念上不当な要求をしてはならないと定めている。高橋教授は「教員だけがターゲットではない。住民すべてを従わせ知事への批判を封じることができる」と批判した。また、子どもについて「人材」ととらえ、自由や権利とともに「規範や義務を重んじる」とし、「国際競争力が高い」と求めている点について、「従順さと競争力の強化の同時達成は困難だ。教育基本法にうたう人格の完成からほど遠い」とした。


 君が代不起立で処分を受けた全国各地の教員も参加し、「思想良心の自由を定めた憲法に違反する」と訴えた。東日本大震災の被災地、宮城県の小学校教員土屋聡さんは「事故が起きた原発と同様に、人間が一度作ってしまったものは、取り返しがつかず、後に暮らしを破壊することがある。この条例が成立した後、人間が学校で暮らしていくことができるか。今、声を上げて欲しい」と話した。


 これまでに「君が代強制反対」を求め、1万人を超える署名が集まったと報告があり、全国の教職員組合や被処分教員らと協力して、府議会の傍聴と各会派への働きかけなどを強めていくことを決議した。

(2011年09月25日 朝日新聞)
http://mytown.asahi.com/osaka/news.php?k_id=28000001109260002



【集会:「2条例案を廃案に」 反知事で、決議を採択--大東 /大阪】 
 橋下徹知事の政策に反対する集会が24日、大東市の市立総合文化センターであった。「強制は教育になじまない」などの意見が相次ぎ、公立学校教職員に君が代の起立斉唱を義務づける条例の撤廃と、府議会に提案されている「教育基本条例案」「職員基本条例案」の廃案を求める決議を採択した。

 「『日の丸・君が代』強制反対ホットライン大阪」を中心とした実行委員会の主催で、約760人が参加。「『ハシズム』(橋下)を批判する」と題して、精神科医の野田正彰・関西学院大教授が「場当たりで弱い者を見つけてたたいて、自分が強く思われるというスタイルを繰り返している」などと指摘した。

 また、橋下知事の肝いりで選ばれた教育委員が、教育基本条例案を批判していることについて「(橋下知事のもとで)何か可能性を見いだしたが、その延長には教育が破壊されると気づき、大きな幻滅を感じているのではないか」と解説した。【三上健太郎】

(2011年09月25日 毎日新聞)
http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110925ddlk27040204000c.html



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ozspring

Author:ozspring
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。