スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋下分析/橋下知事の問題点を突く①「教員は自由業でない」の主張にナチズムの影

「教員は自由業ではない」-その主張にナチズムの影 

「橋下メール」の中に、次のフレーズがある。


 教員も組織の一員であるという自覚がなさ過ぎる。

 教員は自由業ではない。

 自由業に就きたいのであれば、身分保障がないリスクを取るべき。

 身分保障の中で、自分の好き放題にするなんていうのは、最悪です。



 橋下知事は「教員は自由業でない」と声を大にして叫ぶ。その通り、誰も教員が自由業だと思っていない。特に、公立・私学を問わず「学校」の教員は自由業ではありえない。府教委が推し進めてきた教員の派遣あるいは偽装請負であっても、その教員は自由業ではない。また現在日本の教育制度において、株式会社が運営している学校は極少数だが、その株式会社立学校の教員も自由業ではない。

 では教員は何なのか、それは労働者にほかならない。

 橋下知事が「教員は自由業でない」と叫ぶのは、教員は自由業でないのだから上司の命令に従うべきだ、「君が代」は起立して斉唱すべきだといいたいからだ。しかし、労働者は上司の命令なら何でも従う義務があるのか。そんなことはありえない。

 資本主義社会では、労働者は労働力を商品として雇用主に販売し、雇用主は購入したその労働力商品を時間を限って使用(消費)する。労働力を商品として販売できるためには労働者は雇用主から独立した自由な労働者でなければならない。自由な労働者とは、封建的な身分関係にはないということである。労働者と雇用主との関係が封建的な身分関係ではないとすれば、労働者は全人格的に雇用主に従属するものではない。だから、雇用契約(労働契約)では無限定な労働は禁止され、労働と余暇が区分される。同時に労働契約は、「労働者は、協約、法、ないし慣習によって定められた特定の仕事のためにのみ、彼らの時間を売るのであり、彼らの雇用主が勝手に決めたどんな仕事もしなければならぬ義務はないのだと言うことも意味する」(フランツ・ノイマン著「ビヒモス」294頁)のである。

 ところが、この労働契約の自由あるいは自由な労働を廃棄しようとしたのがナチズムである。ナチズムは「労働力は商品でない」と主張して、「労働関係は名誉と誠実と保護とに依拠する共同体関係であって」「労働者は従属者として事業所の目的の推進と民族および国家の共同利益の達成のために一致協力して働く」ものとした(フランツ・ノイマン著「ビヒモス」358頁)。しかし、ナチズムであっても、資本主義においては労働契約を共同体理論で置き換える試みは失敗した(フランツ・ノイマン著「ビヒモス」359頁)。

 橋下知事が資本主義を否定しないのであれば、労働契約の自由を認めなければならず、労働者は雇用主に身分的に従属しているのではないことを認めなければならない。教員も労働者なのだから、知事や教育長に従属するものではなく、上司といえども教員に不合理な職務命令を発する権限はない。それは、日本の法制度において、公務員であっても違法な職務命令には従う義務がないことからも言えることである。

 橋下知事は、教員は自由業でないのだから「君が代」起立斉唱という上司の職務命令に従うべきであると主張しているが、教員は労働者なのだから、身分的従属関係に基づくような職務命令に従う義務はないのである。

 橋下知事の「教員は自由業でない」との主張には、教員が労働者であることを否定する考えが見え隠れする。だから、その主張には、「自由な労働者」を否定したナチズムが重なるのである。

大阪教育合同労働組合HPより)




 

コメントの投稿

非公開コメント

高等戦術で迎撃して!

彼を支持する人々は、こんな理屈を振りかざしても到底、ダメですよ。ドラキュラに念仏してもダメ!
大きな声で、杉並児童合唱団みたいな朗らかでもって、歌いまくればいいんですよ。
「どうだ、これでルールとやらを護ってやったぞ」と。
あなたたちは、かの中原誠名人みたいな豪快な開き直りで反撃すべし!
はたして、旗を振りかざし、大音量で君が代を斉唱するあなた方を、奴らは首にできますか?
「白バラ」のお姉ちゃんたちみたいな、気高い殉教では…勝てないよ!
憎むべき全体主義の異様さを、誰の眼にもわかるように「あー、なんであそこまで『演技して』歌うのか、ちょっと…あれよね」と世間に違和感を抱かせた上で、『あんたも公務員や、日本国憲法、遵守しろや!』と、カウンターパンチをくらわせる。
彼は『即席実行力』を喧伝するためには、何だってよい(笑)。作る会のテキストが最高の受験テキストで(笑)、かつ、これ以外のテキスト、一切の教材を禁止するとかでないかぎり、あんた方の勝ちですよ。
したたかに反撃しようよ。必ず、奴らは失敗します。
プロフィール

ozspring

Author:ozspring
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。