スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【拡散歓迎】11/9 『関西学院大学障害学生支援コーディネーター雇止め解雇事件 報告会』開催

関学事件報告会表C

 いよいよ、関西学院大学障害学生支援コーディネーター雇止め解雇事件 報告会』を開催します。

 関学事件の被解雇者である大椿裕子さんは、2010年3月末、有期雇用を理由に関西学院大学を雇止め解雇になり、約4年間に渡り、自分の争議を通して、有期雇用の問題点を訴え続けてきました。今回は、その総括とも言える報告会です。心を込めて、本気で闘ってきた大椿さんの思いを、ぜひ聞きに来て下さい!ました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【関西学院大学大学 障害学生支援コーディーネーター雇止め解雇事件 報告会】

★日時:2013年11月9日(土) 13時開場  13時半〜16時半

★場所:山西福祉記念会館 ホール (大阪府大阪市北区神山町11-12)
  最寄り駅:阪急梅田から10分 阪神梅田・JR大阪から15分
  地下鉄堺筋線「扇町駅」・谷町線「中崎町駅」から 徒歩5分

★資料代:500円

★特別講演/ 「非正規職員1000人無期雇用は、どうやって実現できたのか!?」
スペシャルゲスト/徳島大学教職員労働組合 山口裕之書記長

★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 
 障害のある学生の就学支援事業のコーディネーターとして、関西学院大学(兵庫県・西宮市)で働いていた大椿裕子さんは、2010年3月、上限4年の有期雇用を理由に雇止め解雇になりました。関学教職員組合が、非正規職員の加入を認めなかったため、2009年2月、大阪教育合同労働組合に加入し、解雇撤回・継続雇用を求めて闘ってきました。解雇後、舞台は労働委員会に移ったものの、府労委・中労委ともに「全面棄却」の命令書を交付しました。

 周囲から「勝てるわけがない」「自己責任だ」という言葉を浴びながらも、闘うことを選んだ大椿さんと、彼女を支え共に闘いつづけた大阪教育合同労働組合が、関学事件の全貌と、教育現場で拡大する有期雇用問題について語ります。

 スペシャルゲストとして、徳島大学教職員労働組合の山口裕之書記長に、2013年4月「改正」労働契約法施行を前に、非正規職員1000人の無期雇用を勝ち取った運動の経緯をお話しいただき、今後の労働運動の可能性を探ります。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

13:00 開場

13:30 開会
    関学事件の概要と「改正」労働契約法について
    山下恒生さん(大阪教育合同労働組合執行委員 大阪全労協議長)

14:15 トークセッション「女にとって働くこと、たたかうこと」
   大椿裕子さん(関学事件被解雇者 大阪教育合同労働組合副執行委員長)
   栗田隆子さん(働く女性の全国センター副代表 ライター)

15:10 特別講演/非正規職員1000人無期雇用は、どうやって実現できたのか!?
    徳島大学教職員労働組合 山口裕之書記長

16:30 終了

★★★★★★★★★★★★★★★★★★
No Labor Union No Rights Project
「労働組合がなければ、私たちの権利もない」「敬遠されがちな労働運動を身近なものに」そんな思いから、友人たちと始めた小さなプロジェクト。当日ロビーにて、オリジナルTシャツ、缶バッジなどを販売します。お楽しみに。

主催:大阪教育合同労働組合 
連絡先:大阪教育合同労働組合 http://www.ewaosaka.org/jp/
tel / 06 4793 0633   mail / info@ewaosaka.org

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ozspring

Author:ozspring
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。