スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13春闘総行動・前半〜コレは映画「沈まぬ太陽・続編」の撮影現場かっ!!!〜

 13春闘は、大手製造業が年間一時金の積み増し要求に満額回答を提示し、賃金アップの動きが相次いぎました。「これもアベノミクスの影響か」と大きく報道されました。しかし、非正規有期雇用労働者を抱える大阪全労協青年部には、なんともピンと来ない話。そもそも非正規有期雇用労働者には一時金が支給されることも少なく、それ以前に非正規という理由で企業内組合への加入を認められていない場合もあります。相変わらず、非正規問題が置き去りにされたままの春闘報道でした。

 だからこそ、私たちは私たちの運動を!
3月22日、大阪全労協と大阪ユニオンネットワークの仲間たちと共に、春闘総行動を開催しました。「春闘総行動」とは、1日かけて、現在争議中の使用者のもとを訪れ申入れ行動をすることです。今年は合計8箇所を訪れました。その様子を一部紹介します。

13春闘1

 スタートは、谷町4丁目にあるNTT西日本。
高齢者雇用安定法の適正な運用を求めて申入れ行動を行いました。

 中央の横断幕は、先日来日された、韓国のKT新労組の執行委員長の解雇撤回を求めた横断幕です。KTは韓国最大の通信企業であり、NTTdocomoはKTの大株主でもあります。

13春闘2

 これから始まる1日総行動に向け、皆で掛け声をかけながら集合写真を撮り、さぁ、次の争議現場に移動です!

13春闘3

 次の申し入れ行動は、梅田のど真ん中にあるヨドバシカメラです。
みなさんがヨドバシカメラで買い物したら、その日の内に配達、設置をしてくれます。それを請け負っているのが、多摩流通株式会社。多摩流通株式会社による組合員への不当労働行為が労働委員会で認定されたにも関わらず、それを守らない会社側。ヨドバシカメラから多摩流通に法律を守れと働きかけるよう、申入れ行動を行いました。

13春闘6

13春闘4

13春闘5

 若い組合員によるシュプレヒコール。
最初は戸惑いがちでしたが、みんなの大きな声に押され、次第に熱を帯びてきました。

13春闘7

 そして次は、伊丹空港北ターミナルへ移動。
まずは、従業員食堂・オアシスで腹ごしらえをしました。私たちが身についけている「JAL解雇撤回」のゼッケンを、従業員食堂で食事をされている方々がチラ見していました。

 さぁ、いよいよ申入れ行動の開始です。
2010年大晦日に164名のパイロット、客室乗務員を解雇したJALに対し、解雇撤回を求め結集しました。

 まずはパイロット原告団の山口原告団長から、これまでの経緯の説明と怒りのアピールが行われました。周辺にはJALの職員が5〜6人、見張り番として立っていました。

13春闘8

 この日の申入れ行動は、事前に連絡をした際、「場所を用意する」と言われていました。申入れを行う代表団が、JALの職員の後を付いて行き、案内された場所は、な!な!なんと、北ターミナルの一番端にあるチェックインカウンターの側。団体旅行客にツアーチケットの引渡しを行う、チェックインカウンターの横でした。「場所用意するって、ココかい!」と、一同、吉本新喜劇並みのズッコケをかましそうになりました。普通、「場所を用意する」とは「部屋を用意する」ということです。

 周りにお客さんがいる中で、「部屋を用意しろ」「いえ、ここがその場所です」との押し問答が繰り返され、全く埒があかないので、外で待っていたみんなに連絡を取り、空港ターミナル内に結集してもらいました。

13春闘9

 お客さんがいる中、のぼり旗を持った仲間たちが列を作ってターミナル内に入ってきます。

13春闘10

 ターミナル内は一時騒然。
呆然としながら遠巻きに見ている、大勢のお客さんたち。
もしやコレは映画「沈まぬ太陽・続編」の撮影か?
渡辺謙はどこで登場するの???謙さ〜ん!と思って期待されたお客さんもいたかもしれません。

13春闘11
 
 空港管理会社の担当者がやって来て、
「ターミナルでの集会は認めていません」と繰り返すばかり。
しかし、私たちは行動を続行しました。

13春闘12

 JALが一向に部屋を用意しないので、ターミナル内で申入書を読み上げることにしました。読み上げたのは客室乗務員原告団の1人・神瀬さん。集まったみんなに聞こえるようにとトラメガを使って読み上げました。

13春闘13

 読み上げている最中、横から「メガホンで読み上げる必要ありますか」と繰り返し言い、止めさせようとするJAL担当者。それでも最後まで読み上げました。

 前回、宣伝活動に行った時も、ターミナル外で大きな騒ぎになり、今回はそれを回避するために場所(団体チケットカウンター横)を用意したのでしょうが、その場所が私たちの逆鱗に触れました。結果として、空港で働く労働者、空港を利用されるお客さんに、JALの不当解雇の実態と稲森会長の嘘臭さを知っていただく良い機会になりました。

13春闘14

 最後はみんなで集合写真!
今後も、JALが行っている利益優先の経営実体が、いかに危険な空の交通を生み出しているか、多くの人たちに知ってもらわなければいけません。そして164名の解雇は不当な解雇であったこと、組合の活動家を中心に解雇されている事実を知ってもらいましょう。JAL解雇撤回闘争団のみなさん、これからも応援します。

(後編に続く)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ozspring

Author:ozspring
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。