スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/14 関西電力に交渉に行って来ました

関電交渉130214B

2013年2月14日に関西電力本社で、関西電力と大阪全労協との交渉が行われました。
関電からは広報担当3名、大阪全労協からは私を含め9名が交渉に臨みました。

昨年11月、私たちは関電へ、「原発を止めた場合の電気料金値上げを試算すること」などの要求を書面で提出し、再三「文書で回答する」よう求めていました。しかし、関電側は文書で回答せず、用意した回答を長々と読み上げるだけでした。回答の随所に「国民の皆様の、原子力発電への信頼を回復し・・・」とあったので、私は関電の担当者へ「国民の信頼を回復したいなら、文書回答するなど誠実に対応すべきでは」と問いましたが、彼らは口をつぐんで黙るばかりでした。

関電の「口頭」回答に対し、私たちは様々な質問や指摘をしましたが、関電担当者は「ホームページを見て下さい」とか「資料を確認して下さい(こちらが用意した資料で、彼らからは何ら資料は示されていない)」と繰り返すばかりでした。それでも私たちは交渉を続けようとしましたが、関電担当者は「時間になった」といって一方的に交渉を打ち切り、席を立って交渉場所から出ていきました。

関電担当者のあまりに失礼な態度に、私たちは言葉を失ってしまいましたが、「今後も関電へは粘り強く交渉を申入れる」ことを確認し、関電本社を後にしました。

青年部長 友延 秀雄

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
関電交渉130214A

 関西電力と大阪全労協との交渉は、既に数回開催されています。
久しぶりの交渉でしたが、彼らは相変わらず、原発推進の姿勢を崩していませんでした。

 活断層の存在が心配されている大飯原発のことについて尋ねると、「我々は活断層ではないと考えている」と答え、「活断層であっても耐震やっているから大丈夫」「計算では大丈夫ってことになってるし」「廃炉にする気はないし、これからも原発を有効利用していくよ」的な回答には驚きました。人間の計算や予測を越えた出来事が起こること、一旦原発事故が起これば収拾がつかないことは、福島第一原発事故で既にわかっただろうに、未だに安全神話にしがみついています。

 関西電力は、4月から11.88%の料金値上げを実施する予定です。私たち大阪全労協は、「原発を止めるのなら、値上げも受け入れる」「値上げをしてもいいから、原発を止めろ」と伝えた上で、全ての原発を止めた場合、値上げはいくらになるのか、試算を示せと要求しました。彼らの回答は「30%」とのことでした。原発を止めたら電気代が高くなる、だから原発は必要なんだと繰り返す彼らは、「値上げも受け入れるから、原発止めろ」に対し答える言葉がありませんでした。

 関西電力は、来年度から人件費を2割カットするそうです。
労働組合として参加者から「あんたら、人件費2割もカットされて何で怒らんのや。人件費は最も手をつけたらあかんとこや。大企業が、急激な人件費削減なんか受け入れたら、絶対他にも影響する。迷惑なんや」という発言がありました。しかし、彼らはキョトンした表情をし、何も答えられませんでした。「どうせ高い給料もらってるんやろ。まずは身を切れ」と言われることはあっても、「そこはちゃんと闘わなあかんやろ!」と言われることはなかったのでしょう。
 労働組合が本来的な活動をしていれば、労働者の健康を危険にさらし、格差・差別の構造の上に成り立っている原発の推進など出来ないと思うのです。

 昨日は、9つあった要求のうち、3番目までしか議論できず、関電職員は、時間が過ぎたと一方的に席を立ち部屋を出て行かれました。
 大阪全労協はこれからも引き続き、粘り強く交渉の機会を持ち続けていきます。

 大椿裕子



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ozspring

Author:ozspring
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。