スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関学事件団交再開!相変わらず、非正規労働者に卑劣な態度の関西学院

関学団交130124

 1月24日、関西学院大学との団交が再開しました。
今回の要求事項は以下の3つ。
①期限付契約職員の雇用上限を撤廃すること
②大椿組合員への雇止め解雇に関わる問題を解決すること
③非常勤講師の賃金単価を引き上げること
今回は、関西学院大学障害学生支援コーディネーター雇止め解雇事件だけでなく、何十年間も給料を据え置かれている外国人非常勤講師たちの賃金単価引き上げについても交渉しました。

 ここでは、大阪全労協青年部員である大椿さんがたたかってきた、関西学院大学障害学生支援コーディネーター雇止め解雇事件に関する交渉部分について報告します。

 団交出席者は、被解雇者である大椿さんをはじめ、組合側が8名。関学側も8名で、大椿さんが雇止めになった当時とほぼ同じ理事会のメンバーが出席していました。

 ①及び②に関する関学側の回答は、
①本学の規定により雇用している。廃止するつもりはなし。
②大椿さんとの雇用契約は適法により終了している。
 労働委員会の命令も出され、解決している。
 命令の内容に不服があるなら他の方法(行政訴訟)を取ればいい。
と言う回答でした。

 そして、労働委員会命令が出たのに、なぜ再び団交で解決する必要があるのか?団交では解決できないから、労働委員会に持ち込んだのではないのか?労働委員会の命令に不服なら、別の方法を取ればいい、と繰り返し、再びこの件に関して団交を持つ理由が全く理解できない様子でした。「別の方法とし、私たちは団交を選んだのです」と答えても首を傾げるばかりの梶田常任理事。

 彼らは、府労委・中労委を経て組合側の主張が全面棄却されたのだから、それがこの争議の答えであり、結果なのだから、「負けた」あなたがたが、何を再び「勝った」私たちに言ってくることがあるのだ?もうこの事件は、労働委員会命令をもって終わっただろうと思っていたのだと思います。しかし私たちは、労働委員会の命令が完全なる答えであり、命令の内容そのものが争議の終結の証だとは考えていません。中労委の調査に不十分な点があったと感じている私たちは、「やはり労働組合の基本にかえり、団体交渉でこの争議を終結させる」と伝えました。そして、「労働組合と争議を抱えるということはこういうことです。労働委員会命令がどうであれ、最終的には団体交渉で解決していくのが、労働組合と争議を抱えるということです」と言いました。

 中労委命令の中で明らかにされなかった、「なぜ、大椿以外の期限付契約職員は嘱託職員に立場を替え、継続雇用された事例があるにもかかわらず、大椿は雇止解雇されたのか?」という点について再度尋ねました。

 今までに、大椿さんと同じ期限付契約職員(1年ごとの更新で上限4年の有期雇用)を、期間満了後、嘱託職員に雇用替えし同じ部署で継続雇用されている事例が6例あります。大椿さんが雇止め解雇になった2010年3月末にも、同時期に雇止め解雇になる予定だったキャリアセンターの期限付き契約職員が、嘱託職員に雇用替えになり、今でもキャリアセンターで雇用されています。

 中労委はこの点について求釈明を出しておきながら、回答できなかった関学側を再度追求することもなく、そのままにし、その点を完全に無視して中労委命令を交付しました。大椿さんが中労委まで再審査を求めたのは、まさにこの点が知りたかったからなのです!

 関学は「継続雇用じゃない。一旦解雇して、採用したのだ」と毎回毎回訂正してきます。実に卑怯な逃げゼリフです。実際、同じ部署でその人を雇用し、同じ仕事をさせ、継続雇用しているのに!そして、採用にあたり、公募をかけたわけでもありません。あくまでも、ピンポイントでその期限付職員を選び、嘱託職員に雇用替えさせて継続雇用しているのです。

 しかし関学は、相変わらず、「それは人事政策だ」「職場の諸処の事情により」などという言葉を繰り返して、一切事実を語ろうとしません。そして「キャンパス自立支援課のコーディネーターは、その都度、その都度、新しい知識を持った人を雇うという関学の人事政策だ」と言うのです。ならば、募集の際、有期雇用で雇用したキャリアセンターの職員にも、有期雇用にする人事政策上の理由があったわけです。それを途中から変更し、継続雇用をしたのにはどんな理由があるのかと尋ねても、彼らは答えようとしませんでした。

 関学は、期限付契約職員の規定を作成していますが、西宮労基署に届出していませんでした。これは約4年前に指摘したことでしたが、今も労基署に届出していないことが今回の団交で判明しました。「あれからもう何年も経っていますが、なぜ未だに労基署に届出をしないんですか?」と尋ねても彼らは一切答えることが出来ませんでした。

 労働基準法第90条で、就業規則の作成・変更をする場合は、従業員を代表する者から意見を聴かなければならないとなっています。従業員の過半数が所属する労働組合がある場合は、その労働組合。従業員の過半数が所属する労働組合がない場合は、従業員の過半数を代表する者として選出された者、となっています。関学は非正規労働者を大量に雇用しながら、非正規労働者を労働組合から排除しているので、従業員の過半数をしめる労働組合が存在しません。立命館大学の様に手間がかかっても、従業員代表を決める手続きをするということもしていません。だから届出も出来ず、4年も保留にしたままにしているのです。関学は以前、従業員の過半数をしめる労働組合があると偽って、就業規則の作成・変更を西宮労基署に届出をしていたことさえあります。
 しかしこれは関学だけに限らず、大量に非正規労働者を雇用している大学の多くが陥ってしまっている状況なのです。

 こちらの質問に、明確な回答を避け、時折苛立ちを見せながらも黙り込んでしまう場面もあった関学出席者たち。終盤、団交に飽きてきたのか、文学部の阪倉教授は、大椿さんの目の前で鼻毛を抜き出す始末。阪倉教授、みっともないですから、退席してトイレで鼻毛を抜いてください!

 そして最後に、高機能広汎性発達障害のある子どもを抱える新組合員から、「なぜ、障害学生支援コーディネーターの仕事を有期雇用にする必要があるんですか?」という、この争議の最初に立ち返る質問が理事に向けて投げかけられました。「その都度、その都度、新しい知識を持った人を・・・」と回答する関学に対し、障害のある子どもの親である組合員は、不信感を露わにし「非常に残念ですね」と言いました。

 この議論を繰り返しても、話は平行線です。しかし理事が言う、「その都度、その都度、新しい知識を持った人を・・・」という回答は、現場の職員、障害のある学生、その親、支援する学生、関連する他部署の教職員の思いとかなり乖離しています。関学は、これからも障害学生支援コーディネーターを、4年ごとにクビを切り、入れ替えるのだそうです。そうとは言え、都合のいい人間だけは継続雇用し、都合の悪い人間は雇止め解雇をするということが、障害学生支援コーディネーターの中でも遅かれ早かれ起こるでしょう。有期雇用は、必ず全ての人が期間満了と共に雇止め解雇になるのではない。いつも、使用者側の恣意的な判断により、継続雇用される者と、雇止め解雇になる者を生み出すのです。

 今後も関学との団交は継続し、
関学の非正規労働者に対する卑劣な政策を追求していきます。

 関学は今でも、期限付契約職員の募集をドンドン出しています。
http://www.kwansei.ac.jp/houjin/houjin_000676.html
関学には非正規教職員が加入出来る組合がありません。
「仕方ない」と諦める前に、連帯し、非正規労働者の組合を作りましょう。
そして非正規労働者の声を届け、自分たちから関学の内部を変えていきましょう!

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ozspring

Author:ozspring
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。