スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労働情報連載エッセイ⑯:労働者と服装

 労働情報連載エッセイ「若者が変える 若者と変える」の第16弾の紹介です。

労働者と服装

 本誌868号で報告したネクタイを巡る攻防ですが、今年8月初旬に会社は「ネクタイ不着用」を理由として、私に対し始末書の提出を求める懲戒処分をしました。この原稿を執筆している時点で懲戒処分はこの1回だけですが、ネクタイに並外れた執着心を持つ社長なので、今後も懲戒処分を濫発してくることでしょう。ネクタイではなく、兜の緒を締めて闘いに臨まねばなりません。

 さて、私はカッターシャツにスラックスそして革靴という服装で勤務していましたが、今夏の暑さは厳しく、ネクタイを外しただけではとても耐えられませんでした。「服装は足元から」といいますので、就業規則に「履物は靴に限る」とあるのを確認した上で、私はスニーカーを履いて出勤しました(革靴よりはるかに快適です。)。すると、社長は「履物は会社が認めた履物に限る」と就業規則を変更し(労働者過半数代表の意見聴取はせず)、併せて「会社が認めた履物とはビジネスシューズであって、スポーツシューズではない」との社内通達を出しました。私はこれにめげず、今度はポロシャツにチノパンそしてスニーカーという「スーパークールビズ」で出勤しました(本当に快適です。)。この服装に対して総務課長から注意されましたが、私は「カッターシャツの洗濯とアイロンが間に合わない。カッターシャツを買い増しして欲しかったら、賃金上げろ」と抗議。すると総務課長は黙ってしまいました。

 前に述べましたが、私は工業用ミシンの輸出商社で働いています。アパレル業界に関わる者として、ファッションにはこだわりが必要です。スーパークールビズばかりではマンネリなので趣向を変え、スラックスに革靴、上はキューバの伝統的シャツであるグアヤベラ を着て出勤しました(さすが南国キューバのシャツ、大阪の暑い夏でも快適です。)。足元は社長がネクタイの次に執着する「ビジネスシューズ=革靴」で、上半身はキューバの正装であるグアヤベラです。「ビジネスシューズに正装という隙の無いフォーマルな装い」に社長も満足したのか、この服装に文句は出ていません。革命キューバの力は偉大です。

 労働者の服装については、「労働者は、一市民としては、服装、ヘアスタイル・ヘアカラー、ひげ等について基本的に自由である(自己決定権)」とされています(西谷敏「労働法」 190頁)。極めて当たり前のことを分かりやすい言葉で表現してくれた、西谷説に大賛成です。

 しかし、社長は、「服装の自由」や「労働者の自己決定権」など頭になく、相変わらず「俺の会社なんだから、俺の好きな様にできる。それが嫌なら辞めろ」という考えなのでしょう。分からず屋に対しては、毅然と抗議の声を上げるのはもちろん、時にはその偏屈ぶりを笑い飛ばすような運動も必要です。私は、「次は沖縄のかりゆしシャツを着ていこうかな」などと考えつつ、楽しく闘争しています。

【注】グアヤベラ(Guayabera):前身頃にポケットを4つ配し、刺繍を施した開襟シャツ。本文中にあるとおり、キューバでは正装として扱われる。

2013年7月1日発行 労働情報871号掲載

友延秀雄(とものぶ ひでお)
ゼネラルユニオン書記次長。大阪全労協青年部長。
学生時代は大学を休学し、キューバでスペイン語を学び、南北アメリカ大陸をオートバイで縦断。中南米諸国の絶望的な貧富の格差と、医療と教育が無料のキューバを目の当たりにし、社会変革の重要性を実感。
スポンサーサイト
プロフィール

ozspring

Author:ozspring
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。