スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労働情報連載エッセイ⑩;たった二人から作る労働運動

 労働情報連載エッセイ「若者が変える 若者と変える」の第10弾の紹介です。労働組合は2人から作ることが出来る。その基本に立ち返って、たった2人で新しい組合を結成した仲間のエッセイです。


たった二人から作る労働運動 

2012年12月20日、大阪府理容生活衛生同業組合 労働組合(略称=大理生労組)を職場の仲間と2人で結成しました。

 同結成大会に於いて、
1、原則的に春闘、夏季・冬季一時金闘争を闘い抜き、勝利しよう、

2、週休2日制や労働時間短縮等の課題に職域を越えて取り組み、
到達闘争を実践していこう

3、同一価値労働・同一賃金の原則を確認し、
非正規労働者への不当な待遇を改善していこう

4、セクハラ、パワハラ等の問題に取り組み、
一人一人が働きやすい職場環境を作り上げていこう

5、差別問題、原発問題、基地問題等、社会問題にも目を向け、
社会的な労働運動を目指そう

という5項目の方針を立て、委員長と書記長(私)の役員を決定しました。

 そして、今年の1月9日にさっそく2013年春闘要求書を理事長へ提出しました。この記事が世に出る頃には、理事長から良い回答が引き出せるようにしっかりと運動をしていこうと思っています。

 「大阪府理容生活衛生同業組合」は字のごとく、理容師の経営者のいわゆる「業界団体」であり、大阪府内の理容店約3、500店舗が加盟し、理美容専門学校も経営しており、そこで、委員長と私は事務局員として働いています。主な業務としては、教育事業、団体共済事業、借入等についての業務等、理容業界の発展のために運営されています。しかし近年の規制緩和路線の政策によって理容店間で低料金等の過剰な競争が行われていて、経営難に陥り、廃業等で同業組合から去る方々が多くおられます。もちろん同業組合員が減少すれば団体の運営が困難なる事は必然で、私たちの労組もこの状況をどのように突破するかを模索していますが、なにわともあれ、2人でもやれる事を一つ一つ積み上げていきたいと思っています。

 まだまだ、出来たばかりの労働組合ですが、先輩労組から拡声器のカンパを頂いたりと少しづつ労組らしく(笑)なってきています。旗と腕章も作りました。腕章はオーソドックスな赤の生地に白抜きの文字を入れた物になりましたが、旗は理容のシンボルであるサインポールのカラフルな色を入れたのぼり旗にしました。また集会等で見かけたら声をかけてください。

 日本の雇用状況はこれからますます厳しくなるでしょうが、たった2人の労組であっても、運動を貫いていけば職場から世の中は変えられると思っています。また1年後、この場に於いて元気な活動報告が出来る事を楽しみにしています!

(2013年6月1日発行 労働情報864号掲載)

白田 伸樹(しろた のぶき)
1979年、大阪府豊中市生まれ。
2012年12月、職場の仲間と共に大阪府理容生活衛生同業組合労働組合(略称=大理生労組)を結成。同労組は2013年2月に大阪全労協に加盟。同年4月より大阪全労協青年部の学習会担当となり、現在に至る。
スポンサーサイト
プロフィール

ozspring

Author:ozspring
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。