スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲南女子大・臨時職員雇止め解雇撤回ビラ配り、行ってきました!

甲南ビラ4

 本日2月4日(月)、甲南女子大臨時職員雇止め解雇撤回のため、大阪全労協青年部も朝からビラ配りに行って来ました!

甲南ビラ1

 甲南女子大はスクールバスを運行しており、山手幹線沿いに自前のバスステーションを所有しています。そのバスステーションにて、主に在学生たちを対象にビラ配りを行いました。配布したビラはこれ!

甲南女子大ビラ①表
甲南女子大ビラ①裏

 ビラ配布を開始してすぐ、バスステーションの警備員から連絡が入ったのか、総務課長・田中さんが駆けつけて来て、「甲南女子大敷地内でのビラ配布は止めるように」と言って来ました。田中さんは、この間、3回に及ぶ団交に参加している方です。彼と共に団交に参加する理事の1人清水さんは、団交中一切喋らず、全ての対応を田中さんに押し付けている状況です。田中さんの孤独な状況は重々察しながらも、しかし私たちは手を緩めません!

 田中さんの対応は、大阪教育合同労組副委員長に任せ、私たち青年部は整然とビラ配りを行いました。比較的ビラの受け取りもよく、
「甲南女子大の臨時職員15名が、この3月末で雇止め解雇になろうとしています。
臨時職員の多くは、皆さんと同じ甲南女子大で学んだ、皆さんの先輩たちです。
仕事は継続するのに、数年で人を入れ替え雇止め解雇にする、
有期雇用を推進しているのが甲南女子大です。
皆さんにも、臨時職員の募集案内が出されていると思いますが、
採用されても、3年で首を切られます。
卒業生を使い捨てにする甲南女子大の人事政策に、
一緒に反対の声を上げてください!」

という私たちの訴えに、彼女たちは耳を傾けてくれていました。

甲南ビラ3

 しかし田中さん、かなりの粘り腰でなかなか職場に帰ろうとしません。
最後には、バスステーションのベンチに座り込み、大阪教育合同副委員長と話し込むこと1時間。
「答えは白か黒かしかありません(雇うか、雇止めするかしかない)」と言う田中さんに、そこで新たな解決策を出してくるのが、総務課長であるあなたの仕事だと告げ、職場に帰っていただきました。

 田中さんが職場に帰った後もビラ配りは続けられ、
約2時間半に渡って、ビラ配りを行いました。

甲南ビラ2

 このポスターは、バスステーションに貼ってあった、あいさつ推進ポスター。
「あいさつが築く人間関係」
これを見た大阪全労協青年部長、
「首切りしといて、何が人間関係やっ!」
「くびきりが壊す 人間関係の間違いやろっ!」と怒っていました。

 有期雇用は、労働者同士を分断し対立させる上でとても効果的です。
甲南女子大では昨年夏、臨時職員を対象に、専任への採用試験を行い、約4名が採用されました。「3年で雇止め」と言っていても、彼らは必ずしも全ての臨時職員を3年で雇止め解雇にする訳ではありません。ある人は継続雇用し、ある人は雇止め解雇にする。そこへの反論を封じ込めるために、「採用試験」という方法を用いるのです。

 4月からの改正労働契約法施行を前に、更に有期雇用を強化・推進しようとする甲南女子大を、私たちは徹底的に追求し、仲間の継続雇用を勝ち取ってみせます!

 甲南女子大、卒業生を喰いものにするな!
卒業生を臨時職員として雇って、使い捨てにするな!

スポンサーサイト
プロフィール

ozspring

Author:ozspring
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。