スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京セラ本社前で抗議行動 ~JAL不当解雇撤回闘争支援~

JAL京セラ抗議行動2

 6月21日、日本航空の不当解雇撤回をまざす国民支援共闘会議の方々と共に、日航の稲盛会長への申し入れを行うため、彼が創業者である京都の京セラ本社を訪れました。

 2010年1月19日、経営破綻で会社更生法の適用を受けることになった日本航空。
同年9月には、希望退職の募集が開始され、10月には、白紙のスケジュール表を渡すという方法で、年齢の高い航空乗務員や客室乗務員を乗務から外しました。12月9日、目標であった1500人を大幅に上回る1733人が希望退職に応じたにも関わらず、12月31日、航空乗務員(パイロット)81名と客室乗務員84人の計165人もの大量解雇を強行しました。日本航空は、年齢の高い人と過去に病気などで休んだ人を、この解雇の対象にしたのです。

 解雇から2ヶ月後、稲盛会長自ら「(165名を)残すことが経営上は可能だった」と発言。整理解雇の4要件(①人員整理の必要性 ②解雇回避努力義務の履行 ③被解雇者選定の合理性 ④手続きの妥当性 このいずれかが欠けても解雇権の濫用となり、無効になる)を満たすことなく行った違法な解雇であることを認めたのです。

 原告団は、何度も稲盛会長との話し合いの場を求めてきましたが、一度も実現していません。「土俵の真ん中で相撲を取る」は稲盛会長の名言ですが、原告団の前にはなかなか現れず。その結果、この日の申し入れ行動となったのです。

JAL京セラ抗議行動
 京セラ前での抗議行動
原告団の方々が、解雇された痛みと共に、人員削減、利益が優先される現場で様々なトラブルが発生している実態に、過去の大きな事故を重ね、「再び、大きな事故を起こしてしまうのではないか?」という不安を切々と訴えられました。

JAL京セラ抗議行動3
 原告団の方々、いよいよ稲盛会長に申し入れに!

JAL京セラ抗議行動4
 しかし、本社入り口付近にて、社員に入館を止められる原告団。
「中に入る人数は5人までに!」
「それに従って貰えないなら、帰っていただくしかないですね」
「ウチとは関係ありませんから、日本航空に行ってやってください」
「お客さん来るんですから、こんなところでやめてください」
と言う京セラ社員たち。
結局10~15分程度揉め、5名程度の代表だけが中に入り、申し入れを行いました。

JAL京セラ抗議行動
 さぁ稲盛会長、申し入れを受けて「土俵の真ん中」に出てきてくれるでしょうかっ!?
「利益なくして安全なし」とは、これまた稲盛会長の名言!!
う~ん??????逆じゃない?????

 最後に、「解雇撤回」を訴え、京セラ本社に向かってシュプレヒコールを行いました。

 そして6月28日、株主総会が行われたので、再び京セラ本社前で抗議行動を行いました。送迎バスで、本社に入ってくる株主の方々に見えるよう、「不当解雇撤回」の横断幕を掲げました。是非、株主の方々も、京セラ創業者の稲盛さんが会長を務める日本航空の不当解雇の実態に関心を持って下さいね!

JAL.jpg
 さて、こちらは、解雇撤回闘争のオリジナルバッジ。
JALファンの皆さん、いかがですか?
1個300円です。
是非とも、エアライングッズを販売している、関空内のShop、SST Satellite2.0で販売したらどうかと考えています!JALファン、コレは買いですよっ!買いっ!!!

プロフィール

ozspring

Author:ozspring
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。