スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君が代斉唱:教職員の口元「確認を」 大阪府教委が通知/毎日新聞

【君が代斉唱:教職員の口元「確認を」 大阪府教委が通知】
毎日新聞 2013年09月19日 07時00分

 大阪10+件府教委が、入学式や卒業式で教職員が実際に君が代を起立斉唱しているか、管理職が目視で確認し、結果を報告するよう求める通知文を府立学校に出していたことが18日分かった。中原徹府教育長は府立高の校長時代、君が代斉唱時に教職員の口元の動きをチェックし、論議を呼んだ。今回も同様に口元を確認し、徹底を図る方針で、再び議論が起きる可能性がある。

 通知は9月4日付。全ての府立高校138校に出され、支援学校全31校にも出す方針。秋入学・秋卒業を取り入れている一部学校で、9月に開かれる卒業式に間に合わせた。

 通知文では、「公務に対する府民の信頼を維持する」ことを目的とし、入学式や卒業式での君が代斉唱の際の校長・准校長の職務として、「教職員の起立と斉唱をそれぞれ現認する。目視で教頭や事務長が行う」と明記。結果を文書で報告するよう求めた。

 起立斉唱しているかの判断基準は「総合的に現認し、公務の信頼性を維持するため、十分な誠意ある態度をとっているかどうかで判断すべきだ」とした。判断が困難な場合は、詳細を報告し、府教委に相談するよう指示している。

 大阪10+件府は橋下徹知事時代の2011年6月、教職員に君が代の起立斉唱を義務付けた条例を制定。違反した場合は処分の対象とし、12年1月、府教委は各校長に起立斉唱を徹底させる通達を出した。同年3月、当時、府立和泉高(岸和田市)校長だった中原教育長が卒業式で、実際に教員が歌っているかどうか口の動きを教頭にチェックさせた。

 中原教育長は今年4月、教育長に就任。起立斉唱については「公務員として公の秩序を維持し、誠意ある行動を取れるかどうかという観点で見ていきたい」と話していた。

 今回の府教委の通知について、ある府立高校教頭は「そこまでしないといけないのかと、違和感を覚える」と話した。【深尾昭寛】
スポンサーサイト

教育基本条例案 「違憲の可能性」 文科省見解

 ようやく文科省が、「教育基本条例案」に関する見解を出しました。

2011年12月7日 朝日新聞
【大阪教育条例案の知事目標「違法の可能性」 文科省見解】

 大阪府議会に提出された府教育基本条例案をめぐり、文部科学省は「知事が教育目標を設定する」とする条例案の骨格部分について「(教育目標の)内容次第では違法になる可能性がある」との見解をまとめた。府教委はこれを受け、7日午前の府議会教育常任委員会で議員らに説明。松井一郎知事は取材に対し、違法性が明確になれば条例案の変更もあり得ると述べた。

 条例案が提出された後、府教委が現行法との整合性について文科省に見解を問い合わせていた。

 府教委によると、文科省は首長と教育委員会の職務権限を規定した地方教育行政法の趣旨について、「教育には中立性、安定性が求められることから、首長から独立した教育委員会が教育事務の大部分の権限を担う」と説明。知事の権限が及ぶのはスポーツや文化に関する事務だけで、それ以外の事務を条例で規定することはできないとした。


2011年12月7日 読売新聞
【大阪維新の教育条例案「法に抵触」…文科省見解】

 地域政党・大阪維新の会が大阪府議会に提案している教育基本条例案で、「知事が教育目標を設定する」とした根幹部分について、文部科学省が、教育委員会の職務権限を侵す目標設定は、地方教育行政法に抵触する、との見解をまとめたことがわかった。

 府教委は7日、維新側に同省の見解を提示し、条例案の再考を求める方針。国が法違反の可能性を指摘したもので、条例案は大幅な修正を迫られる見通しが出てきた。

 維新が府議会に議員提案した9月、府教委幹部が「条例案の適法性に疑問がある」として文科省に見解を求め、同省が内閣法制局とも協議し、5日、府教委に回答した。

 同省は見解の中で、教育委員会と首長の職務権限を規定した地方教育行政法の趣旨に触れ、「教育に中立性、安定性が求められることから、首長から独立した合議制の機関である教育委員会が教育事務の大部分を担うこととしたもの」と強調。その上で、教育委員会が所管する学校の教育目標設定については「法に定めた首長の職務権限に属さず、法の規定範囲を超えて知事が規則制定することはできない」とした。


 これを受け、松井知事の反応は?
あの条例に違法性がないと本当に思っていたのでしょうか?
元知事は弁護士なのに、法的な問題性については、十分な議論を尽くさないまま、府議会に提出したのでしょうか?

12月7日(水) 産経新聞
【松井府知事、教育基本条例案修正に言及 文科省の違法性指摘受け】

 地域政党「大阪維新の会」(維新)が大阪府議会に提出した教育基本条例案について、文部科学省から事実上、地方教育行政法に抵触するとの回答が府に寄せられ、松井一郎知事は7日、「条例が法に抵触するのはルール上良くない。抵触することがはっきりすれば変えなければいけない」と述べた。2月府議会で改めて知事提案する方針は変えないものの、府市統合本部で条例案の根幹部分を修正することも視野に、検討する姿勢を示した。

 7日午前、府咲洲(さきしま)庁舎で記者団に対して明らかにした。条例案をめぐっては、文科省が5日、一般論としながらも「教育委員会の職務権限について、知事が目標を設定することは地方教育行政法上おかしい」と口頭で府教委に回答。

 「知事の権限の外にある目標を実現できなかったからといって、教育委員を罷免する理由にはできない」とも指摘し、事実上、教育基本条例案の根幹部分について法律違反の可能性があるとする見解をまとめた。

 一方、7日の府議会教育常任委員会では、条例案に反発する府教育委員からの意見聴取が行われ、民間から選ばれた府教育委員5人のうち、生野照子委員長や立命館大教授の陰山英男氏ら4人が出席。

 条例案が可決した場合、教育委員は総辞職する方針を示しているが、各委員は「責任がある間は辞めない」などと質問に答え、「教育行政が崩壊する」「法令違反にあたる」などと条例案を批判。維新側から求められている対案の提出についても、「現行法令が対案」と突っぱねた。

 陰山氏は、知事が学校の目標を定めるとしている条例案について、教育への政治的関与にあたることから、法令に触れる可能性を指摘。成立した場合の訴訟リスクにも言及した。また校長の公募についても、過去に他県で民間人校長が自殺した例を取り上げて「よほど優れた能力がないと難しい」と疑問を呈した。

 これに対し、維新府議からは、委員が総辞職する意向を示したことについて「教育委員という立場を利用して、府民を扇動したといっても過言ではない」と批判の声が上がったが、教育委員側は「私たちは間接的にせよ民意を得ており、府民に私たちの意見を伝える義務、責任がある」(生野氏)などと反論した。




リーフレット無料配布:だれのための「教育基本条例」なんですか?

リーフレット1

 大阪都構想に続き、W戦の大きな争点であった「教育基本条例案」。
しかし、まだまだその具体的な中身は、府民のみなさんに知られていないのではないか?と考え、「日の丸・君が代」強制反対ホットライン・大阪が、リーフレット『だれのための「教育基本条例」なんですか?』を作成しました。コチラは無料で配布されます。

 主に、9月24日大阪で開催された全国集会で、『教育基本条例は教育「破壊」の条例である』と題し行われた、東京大学大学院教授・高橋哲哉さんの講演内容を基に、問題点をひとつひとつ分析しています。

 このリーフレットを、職場の同僚やご近所の方々、子どもを育てている世代の人たちに手渡し、「教育基本条例案」の実態と、それに伴い生じる問題点を伝えていきます。

 

12/1開催 『集まろう!反対しよう!悪法止めよう!「教育基本条例」案反対!12・1 大阪府庁包囲行動へ』

包囲行動4

 12月1日、「日の丸・君が代」強制反対ホットライン・大阪 全国集会実行委員会の主催で開催された、『集まろう!反対しよう!悪法止めよう!「教育基本条例」案反対!12・1 大阪府庁包囲行動へ』(@エルおおさか)に、大阪全労協青年部も参加して来ました。

 急遽決まった集会開催にもかかわらず、W戦の結果を受け、更に「教育基本条例案」「職員基本条例案」に危機感を抱いた人々が、総勢240名集まり、会場は立ち見が出るほどでした。いつもより若い世代の参加も多く、小さな子どもを連れて一家で参加している人もいました。

 集会では、今回のW戦結果の総括と今後の行動提起がなされ、また、思いを同じにする様々な団体及び個人から、激励の言葉が伝えられました。

 この日の参加者には、『だれのための「教育基本条例」なんですか?』と題したリーフレットが配布されました。9月24日に開催された全国集会において、『教育基本条例は教育「破壊」条例である』と題して基調講演を行われた、東京大学大学院教授・高橋哲哉さんの講演要旨に基づいて、「教育基本条例案」の問題点をまとめています。また、11月2日、『橋下政治(ハシズム)とファシズム ~「国民」はなぜ支持するのか?』と題して行われた、京都精華大学教授・池田浩士さんの講演要旨も掲載されています。多くの方々に、「教育基本条例案」の実態を知ってもらうため、今後、このリーフレットを無料配布していきます。
 
 包囲行動1

 集会終了後は、エルおおさかを出発点にし、天満橋駅前を通って府庁に向かう、府庁包囲デモを行いました。今年に入り、もう4度目となる府庁包囲デモですが、今回が最も参加者が多かったです。車イスの方、バギーに小さなお子さんを乗せた方も参加していました。

 ちょうど、京阪天満橋駅前を通りかかった時、沿道の男性が、
「地下鉄民営化のことも言うてくれや」と声をかけてくださり、
即座に、京阪のビルに向かって、
「地下鉄民営化反対!」「黒字なのに、民営化する必要なし!」とシュプレヒコールをあげました。

 「大阪の教育を破壊する教育基本条例反対!」
「子どもは国際競争の人材ではない!」
「競争ばかりの教育は嫌だ!」とシュプレヒコールを行いながら、府庁を包囲する形でデモを行い、最後は府庁舎に向かって再度、「教育基本条例反対!」のシュプレヒコールを行いました。

包囲行動

 継続審議中の「教育基本条例案」について、維新府議団は今議会での可決を見送る方針を固めたことは既に報道されています。、12月15日で定例府議会が閉会するうえ、教育委員に要請した対案提出も拒否されている状況では、十分な協議のうえ成案化するのが難しいと判断したとのことです。橋下新大阪市長が、市議会に同条例を提案するタイミングと合わせ、2月議会での可決、成立を目指すと言っています。

 また松井知事は、教育基本条例案の白紙撤回を求めている現教育委員の辞任を前提として、後任委員の選任作業を急ぐと言っています。現教育委員と再度話し合いの場を持つ姿勢は、松井知事には全くない様子です。

 2月府議会まで、もう少し時間が出来ました。
私たちは、この間に、多くの府民の方々に、リーフレットを手渡しながら、
「教育基本条例案」の問題点を引き続き伝えていきたいと思います。
「教員が自己保身のために反対している」という意見もありますが、
一度、教育基本条例案をお読みいただき、その上でこの条例が可決されると、
保護者に、そして何よりも子どもたちにどのような影響が出てくるのか知っていただきたいと思います。

【読んでみてください】12月1日 朝日新聞 「声」欄掲載 「橋下徹様、元大阪住民より」

12月1日 朝日新聞 西部本社版 「声」欄掲載

橋下徹様、元大阪住民より
主婦 (51)

 ハシモトくん、何かといえば意見違う人のこと「バカ」言うやん。
そんなん、ほんまは大阪では禁じ手やねんで。
大阪では大好きな相手に「アホ」はありやけど、「バカ」言うた瞬間にみんなテキになるんやで。

 ハシモトくん、大阪府のリーダーになる時、
「大阪を笑顔にする」とか言うてたけど、誰が笑顔になったんや?
うちらのそばにはおらんで。
維新派いう、おっそろしく強そうな人らと、
堺屋とかいう昔ブイブイいわしてたじーちゃんと、
あんたの家族とお笑い芸人さんだけちゃうん?
泣いてたり悲しんだりしてる人めっちゃ多いねん。

 ハシモトくん、立場利用して弱いもんイジメしてるやん。
私学の高校生いじめたり、オーケストラいじめたり、
文学館いじめたり、亡くなったこいし師匠もいじめたやろ。
そうや、府職員やがっこの先生もいじめとる。

 それにな、エラソに知事なったくせに、任期を全うせえへんで辞めてまうてナニ?
200億円以上のお金、湾岸の高層ビルにかけて府庁舎にしたやろ。責任もちーな。

 そんなハシモトくんやけど大阪市民は好きやったんや。
ホンマそれでええん?
うちはハシモトくんきらいや。


 関西版では見かけなかった、この投稿。
鹿児島の地で、ふるさとを思う奥村さんの思いや問いかけは、
ぜひ、大阪に住む人にこそ読んでもらいたい。
プロフィール

ozspring

Author:ozspring
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。