スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労働情報連載エッセイ㉑:「下流テロ」より「労働運動」

労働情報連載エッセイ「若者が変える 若者と変える」の第21弾の紹介です。
 
『下流テロ』より『労働運動』  

2013年10月、水産大手マルハニチロホールディングスの子会社「アクリフーズ」の群馬工場で製造された冷凍食品から、農薬「マラチオン」が検出される事件が起きた。その後、容疑者として同工場で働く契約社員が逮捕された。

 2012年、アクリフーズは「公平でやる気の出る人事制度を制定します」と銘打ち、時給を820円から900円に上げた。しかし同時に、技能手当、家族手当、早出・遅出手当を廃止したことにより、今までよりも給与が下げる結果となった。容疑者は、上司に待遇改善を求め直訴したこともあれば、好待遇を求め転職を試みたが失敗した経験もあるという。逮捕直後から、待遇への不満が犯行の理由ではないかと報道された。
 
 この事件について、ネット上で「下流テロ」と表現しているのを見つけた。実に嫌な言葉だけれど、ある意味、表現は的確だ。2008年に起こった秋葉原通り魔事件や中国製毒入り餃子事件。2013年に起こった、広島県江田島市の牡蠣養殖加工会社で8人が殺傷された、江田島中国人研修生8人殺傷事件。これらに共通していることは、全員非正規労働者であり、不安定な雇用、過酷な労働環境に置かれていたということだ。こういった事件が「下流テロ」と呼ばれるのだろう。昨年は、コンビニや飲食店の店員が、アイスクリームケースや冷蔵庫に入っている写真をインターネットに投稿し、炎上の結果、店が閉店に追い込まれるという事件や、クレジットカードを利用して買い物をした芸能人のレシートを、Twitterで勝手に公開したという事件もあった。アルバイトによって引き起こされたこれらの出来事は、「バイトテロ」とも呼ばれている。当然個人のメディアリテラシーの問題もあるが、非正規労働者を大量に雇い、教育にかける時間や労力を惜しんだ結果、予想を超えたところで暴走するSNSに、使用者側は足をすくわれた。
 
 当事者だった者として、非正規労働者の鬱屈した気持ちは理解出来る。しかし、「下流テロ」などと呼ばれ腹立たしくないか。私たちには、テロの前にやれることがある。「下流テロ」よりも「労働運動」。テロリズムよりアクティヴィズムだ。
 
 まずは、憲法28条に保障されている労働三権(団結権、団体交渉権、団体行動権)を徹底的に使い倒してみる。この権利は、正規労働者だろうが、非正規労働者だろうが、全ての人に保障されている。しかし、労働組合に入らなければ(作らなければ)活かせない権利だ。保障された権利を使ってもみないうちから、失望にかられ「テロ」を選んではならない。失望する前に、「労働運動」という可能性がある。憲法28条を盾に、一度正攻法でキッチリ闘ってみよう。結果は私のように負けるかも知れないし、勝つかもしれない。しかし、その体験を経て労働者は確実にたくましくなる。
 
 待遇改善を求め上司に直訴したというアクリフーズ事件の容疑者。1人ではなく、みんなで闘う方法があることが伝わっていない。「テロ」ではない闘い方を、探している人達がたくさんいる。そこにどう伝えていくか、私たちの側が問われている。
 
 
2014年2月1日&15日発行 労働情報881号

大椿裕子(おおつばきゆうこ)
大阪教育合同労働組合副執行委員長。大阪全労協青年部。
関西学院大学雇止め解雇事件被解雇者。
最近のオススメ映画は、伊藤めぐみ監督『ファルージャ イラク戦争 日本人人質事件・・・そして』。戦後のイラクの実情を知り、「自己責任」という言葉が持つ暴力について考えさせられます。
スポンサーサイト

労働情報連載エッセイ⑳:あたりまえですが、非正規労働者の女性でも、子どもは生みます!

 労働情報連載エッセイ「若者が変える 若者と変える」の第20弾の紹介です。

あたりまえですが、
非正規労働者の女性でも、子どもは生みます!


 先日、ALT(注1)の賃金・一時金等について神戸市教委と団交を行った。要求事項のひとつは「産前・産後休暇を有給とすること」。数年前、女性組合員が妊娠・出産を経験した際、産前・産後休暇が無給であったことをきっかけに、毎年要求事項としてあげている。しかし、神戸市教委は「産前・産後休暇に関する規程はALTの就業規則にはない」、よって「現時点では、制度を変更することは出来ない」という回答を毎年繰り返している。

 単年度契約と言いながら、実質的には契約更新を長期にわたり繰り返している。長いALTでは、その期間16年にも及び、組合は雇用は既に継続している状態にあると判断している。

 神戸市教委の回答を聞き、「この社会は、『非正規の女は子どもを産まない』という前提で制度設計しているんだと理解した私は、完全に怒りのスイッチが入ってしまった。そして、「そもそもあなたたち、非正規の女性は子どもを産まないとでも思っているんですか?非正規の女性でも子どもを産むんですよ」「実質、長年に渡り契約を繰り返しているにも関わらず、単年度契約を根拠にするのは矛盾しています」「現在、非正規率38%、女性の5割以上は非正規。その女たちに休業中の給与を保障しないということは、少子化だ、子ども産めとか言いながら、私たちに産むなと言っているのと同然です」と一気にまくし立てた。彼らは返す言葉がない。

 産前・産後休暇は労基法によって保障されているが、休業中の賃金の支払いについては、使用者によって異なる。非正規労働者の女性の場合、そもそも産前・産後休暇が取れるのか?という問題があり、例え取れたとしても、その多くは無給である。数ヶ月、半年、もしくは1年の細切れ雇用なので、妊娠すれば次年度契約更新があるとも限らない。非正規の女性達は、妊娠することに躊躇する。なぜなら妊娠することは失業することと隣合わせだからだ。

 私が、上限4年の有期雇用の仕事を紹介された時、まず尋ねたことは、産前・産後休暇の賃金は保障されるのか、育児休暇はあるのかということだった。当時、私は既に30歳を過ぎていて、子どもを産むことも想定していた。しかし、「ない」と言われ、「働いている4年の間は子どもを作れないな」と即座に思った。私の仕事は他に代わりがなく、産育休で数ヶ月休むことにでもなれば、「他の人を探すから辞めてくれ」と言われるだろうと考えたのだ。非正規であるということは、そんなもんだと思いながらも涙が出てきた。

 結局、妊娠することもなく、そのうち労働争議で忙しくなり、世間の女性たちが「婚活だ」「妊活だ」とラストスパートをかける年頃を全て労働運動に費やし、一通り終わった頃には、妊娠するのもなかなか厳しい年齢になっていた。今更、後悔はしない。しかし非正規であるということは、妊娠することに躊躇し、契約期間を数えながら子作りのタイミングを思案し、子どもを育てるために失業する現実を生きるということだ。

 国は、少子化の責任を産まない私たちの世代にぶつけてくる。女性労働者の5割以上が非正規労働者にもかかわらず、ろくに産育休を保障せず、子育て支援も少ない。それでも産めよ増やせよって、無茶言うな。産んでほしけりゃ、子どもを生むことで更なる貧困に陥るような、そんな貧しい社会保障と雇用環境の改善こそ先だろう。

注1:ALT/Assistant Language Teacherの略。外国語指導助手。小中高校などの英語の授業で日本人教師とともに英語を教える非正規労働者。

2014年1月1日&15日発行 労働情報878・9号


【プロフィール】
大椿裕子(おおつばきゆうこ)大阪教育合同労働組合副執行委員長。大阪全労協青年部。関西学院大学雇止め解雇事件被解雇者。最近のオススメ映画は、ダンス規制法問題を取り上げたドキュメンタリー映画「SAVE THE CLUB NOON~これからの音楽へ~」。風営法による摘発を受けた大阪中崎町の老舗クラブ・CLUB NOONを舞台に、踊ることすら規制する、この国の法律・社会状況について問いかけます。

労働情報連載エッセイ⑲:闘いを小さくすれば、失うものは大きい

 労働情報連載エッセイ「若者が変える 若者と変える」の第19弾の紹介です。


闘いを小さくすれば失うものは大きい

 9月19日、「大阪府教委 全校で口元チェック 君が代斉唱で通知」という大見出しが、新聞の一面を飾った。君が代起立条例では飽き足らず、今度は、歌っているかどうか口元を目視によって現認しろという。新聞報道でこの事実を知った私たちは、激しい怒りとともに即刻交渉申し入れを行い、後日団体交渉の場を持った。(府教委は「管理運営事項なので交渉事項ではない」と言いはるが、実際は協議に応じた)これほどの暴挙に、どの組合も黙っていないだろうと思っていたが、他労組も交渉の場を持ったという話は伝わってこない。その事実に、考えるところがあった。

 今夏、アメリカはウィスコンシン州を訪れた。2011年3月、ウィスコンシン州マディソン市では10万人にも及ぶ市民蜂起が起きた。財政再建の名目で、スコット・ウォーカー知事が、職員の賃下げ、団交権の制限等の法案を提案したことに怒りの声を上げた市民が、数日間に渡り州議会を占拠する闘いを繰り広げたのだ。

 マディソンでは、マディソン教職員組合(MTI)と交流した。MTIは、ウォーカー知事が制定した団交権剥奪に抗して、裁判で違憲判決を勝ち取るとともに、市当局と労働協約を締結して、ユニオンショップとチェックオフを維持している。しかし、マディソン以外の地域はMTIのように闘わなかったために、ユニオンショップ、チェックオフ協定を剥奪され、組合員が激減していっている。AFSCME(自治労に相当)では、31,730人から20,488人になり、約12,000人の減。WEAC(州の教員組合)では、98,000人いた組合員が、48,000人まで減少した。ユニオンショップ、チェックオフの剥奪が、組合弾圧の効果的手段であることが、このことでよくわかる。マディソン市以外の労働組合は、闘いを小さくしたために、結果、すさまじい勢いで組合が弱体化している。

 組合員の雇用を守るという労働組合の基本的かつ地道な運動の影響は、組合員個人に留まらず、その枠を越え、雇用を取り巻く社会全体に影響を与えている。その時、その場で、形として目に見えるものは少ないかも知れない。しかし、闘う労働組合が存在することで、労働組合に加入していない労働者も、少なからずその恩恵を受けているのだ。ユニオンショップ、チェックオフの剥奪をきっかけに、労働組合を離れた人々は、そのことに気づいているだろうか。

 ウィスコンシンの状況に、大阪の現状を重ね合わせる。橋下維新は、次々と公教育に攻撃を仕掛けてくる。そのひとつひとつと闘うことは実に大変で、心底疲弊する。しかし、嵐が通り過ぎるのを待っていても、通り過ぎた頃には、根こそぎ全ての権利を失っている。ウィスコンシンの現状を知れば、そのことは明白だ。先にあげたMTIは、闘ったからこそ権利を維持できた。妥協し、相手の流れに飲み込まれ、闘いを小さくとどめていては失うものは大きい。MTIの闘い方に、大阪の教育労働組合が立ち返る姿がある気がする。

2013年11月1日発行 労働情報874号

大椿裕子(おおつばきゆうこ)
大阪教育合同労働組合副執行委員長。大阪全労協青年部。関西学院大学雇止め解雇事件被解雇者。11月9日(土)13時半~@山西福祉記念会館(大阪)にて、関学事件報告会を開催。大椿裕子×栗田隆子さん(働く女性の全国センター副代表・ライター)によるガールズトークセッション「女にとって働くこと、たたかうこと」、聞きに来てください!


労働情報連載エッセイ⑱:AKB48をオルグしませんか?芸能界にも労働組合を

 労働情報連載エッセイ「若者が変える 若者と変える」の第18弾の紹介です。

AKB48をオルグしませんか?芸能界にも労働組合を

 この夏アメリカを訪れ、サンフランシスコで『PRISCILLA Qeen of the Desert』というミュージカルを観た。原作は、1994年製作のオーストラリア映画。学生時代に影響を受けた映画のひとつだ。3人のドラァグクィーン(㊟1)が、砂漠の真ん中で開かれるショーに出演するため、「プリシラ号」と名付けたバスに乗って旅をする。道中、偏見や差別に合いながらも、ド派手な衣装を身にまとい、80’sディスコミュージックに合わせステージに立ち、歌い、踊る彼らの姿に、勇気と元気をもらう実に楽しいミュージカルだった。

その時もらったパンフレットの片隅に、こんな一文を見つけた。

Actor’s Equity Association(㊟2)
The Actors and Stage Managers employed in this production are members of Actors' Equity Association,the union of professional actors and stage managers the United States.

 「このプロダクションが採用している俳優、ステージマネージャーは、Actors' Equity Associationという組合の組合員です」といった内容が書かれていた。Equityとは公正、公平の意味を持つ。

 アメリカをはじめ諸外国には、俳優たちを組織する労働組合があることは聞いていたが、実際にその存在を目にし嬉しくなった。

 今は亡き歌舞伎役者の中村勘三郎さんが、2004年に平成中村座のニューヨーク公演を実現させた時、現地スタッフが加入する労働組合とのやり取りが非常に大変だったとテレビで話されていた。歌舞伎のような古典芸能に限らず、日本の芸能界は労基法など全く関係ない(ことになっている)世界だろうから、芸能の領域に労働組合が存在すること自体に面食らったのだろう。この話を聞き、かねてより歌舞伎の大部屋俳優の友人から、その給料の安さを聞かされていた私は、「世襲制度の中で、あらかじめ俳優としても頭打ちがあるのなら、大部屋俳優が労働組合を結成し、親会社の松竹と労働条件について団体交渉をするという方法もアリだよな」などと考えたものだ。この場合、労働組合日本プロ野球選手会の実績が参考になる。球団オーナー側は「選手個人は税法上個人事業者として扱われる」と言い、労働者性がないと主張したが、1985年に都労委は労働組合として認定した。これを参考にすれば、歌舞伎の大部屋俳優たちが労働組合を結成することも可能だと勝手に目論むが、本人たちがその気にならなければ仕方のない話。

「自分の才能・能力・努力でのし上がる」ことが当たり前とされる芸能の世界で、労働組合は馴染まないと思われがちだが、男性と交際しただけで、左遷、降格、公開謝罪をさせられ、それすら世間の消費の対象になるアイドルグループAKB48などを見ていると、芸能の領域に、労働運動という概念を伝えていくことの必要性を痛感する。日本にActor’s Equity Associationが実現する日は遠いかもしれないが、日本の芸能界及び労働運動にも、そういう成熟の仕方が必要なのではないだろうか。

㊟1:ドラァグクィーン/主に男性の同性愛者・両性愛者が、女装派手な衣装男性が女性の姿で行うパフォーマンスの一種。
㊟2:Actor’s Equity Association/ http://www.actorsequity.org/

2013年10月15日発行 労働情報873号

大椿裕子(おおつばきゆうこ)
大阪教育合同労働組合副執行委員長。大阪全労協青年部。関西学院大学雇止め解雇事件被解雇者。11月9日(土)13時半~@山西福祉記念会館(大阪)にて、関学事件報告会を開催。特別講演は、非正規職員1000人無期雇用を実現した、徳島大学教職員労働組合・山口裕之書記長。ぜひ、お越し下さい!

労働情報連載エッセイ⑰:日本本土の米軍基地

 労働情報連載エッセイ「若者が変える 若者と変える」の第17弾の紹介です。

日本本土の米軍基地

 2013年8月31日、大阪全労協青年部では有志数名で米軍基地のある岩国市へ行きフィールドワークを行った。また9月1日には同市内の愛宕山地区に於いて毎月、1日、11日、21日の日に行われている愛宕山見守りの集い(米軍住宅建設反対集会)に参加した。
 両日とも、夏の終わりを告げるような秋雨が降ったり止んだりの中での行動であったが、その分、強烈な日差しも無く、暑さもましな天候だったので岩国の町をゆっくり見て周れた。

 フィールドワークについては全国一般全国協・山口連帯労働組合の麻田茂樹さんの案内で、米軍基地の滑走路を利用し建設された民間空港である「岩国飛行場」(愛称:岩国錦帯橋空港)から始まった。この空港は2012年12月13日に開港されたが、「基地」としての歴史は古い。1938年4月に旧日本軍の海軍が飛行場建設を開始して以来の航空基地であり、1943年11月には海軍兵学校岩国分校が開設されるなど、旧海軍の基地だった。そして1945年8月、第二次世界大戦終戦後に米海兵隊が進駐すると共に、米空軍、英連邦軍、国連軍等が使用し、1952年以降は在日米軍の「米海兵隊岩国航空基地」となった。また、海上自衛隊が1957年3月から岩国教育航空派遣隊を新編して以来、米海兵隊と海上自衛隊の共同使用が継続されている。

 しかし岩国錦帯橋空港の地元についての案内板には上記の歴史はもとより、米海兵隊岩国航空基地の表示がなかったのである。つい最近の7月30日にはここに、垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ12機が陸揚げされたというのに。

 また同12機の内、油圧系統に不具合が生じ米本土から部品を取り寄せて調整している一機の姿は無いし、土日なので飛行訓練も実施していないようで騒音も聞こえてこなかった。私は逆にそれが不自然な風景に思えた

 広大な基地の周辺を車で走っている時、英語での飲食店、不動産等についての看板が多くあった。ただ、沖縄県のコザ(沖縄)市ほどの活気は感じられず、閉まっている店も多いという事実も知り、基地がある事によっての経済効果の薄さが垣間見れた。

 翌日は午前10時からの愛宕山見守りの集いに参加した。普段は愛宕神社下公園で開催されるそうだが、あいにくの雨で地域の公民館で開催となった。公民館での集会は私たちのように遠方から駆けつけられた方も数名おられたが、基本的に地元の方々の集まりでリラックスした雰囲気であった。ただ、この場の方が前日に米軍基地そのものを見た時よりも「基地」を間近に感じた。それは発言されている方々、参加されている方々から基地と隣り合わせで生きている「生活」を感じられたからだと思う。集会後も昼食を食べながらの交流の時間を与えて頂き、米軍住宅建設反対運動を中心に担われている方々から運動の現状等、深い話を聞かせて頂いた。私は12月1日も再訪する事を約束し、岩国を後にしたので、愛宕山の現状についてはその時に報告しようと思うが、基地によって疲弊した地域住民の方々の姿に何かしなければならないと強く思わされた。私達青年部でも何が出来るか議論し、行動を起こしていければと思う。

2013年10月1日発行 労働情報872号

白田伸樹(しらた のぶき)
1979年、大阪府豊中市生まれ。
2012年12月、職場の仲間と共に大阪府理容生活衛生同業組合 労働組合(略称=大理生労組)を結成。同労組は2013年2月に大阪全労協に加盟。同年4月より大阪全労協青年部の学習会担当となり、現在に居たる。
プロフィール

ozspring

Author:ozspring
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。